7月 4
「個別塾・スタディ・ナビ」
Posted by 個別ママ in 個別指導~塾~ on 07 4th, 2014| | コメントは受け付けていません。

 

今回は個別指導塾「スタディ・ナビ」をご紹介します。

「スタディ・ナビ」がなぜ個別指導を選んでいるか。
それには理由があります。

始める時期も課題も一人一人違う、だから個別指導以外あり得ないと言う事なのです。

「スタディ・ナビ」が個別指導をする上で大切にしているのは初めのカウンセリングです。
カウンセリングによって現在の学力と課題点をしっかり把握し、的確な指導方針を作るためです。

カウンセリングによって目標までのプロセスを一人一人に合わせて組み立てられる事が個別指導の強みだとも言っていますが、この課題は講師と生徒だけではなく、保護者とも一緒に確認するそうです。
学習習慣の定着や学力向上のためには家族とも課題を共有する事が重要になるのです。
個別のプログラムを作って入塾、学習を始めれば復習と確認を徹底します。
弱点を補強し土台を固める事で意欲と学力が向上し、短期間の目標達成につながります。
授業のスタイルは1対1または1対2でどこがわからないのか、なぜわからないのかと言う事を的確に把握し、対応していきます。
そして、この個別指導を支えているのが「スタナビ・メソッド」です。
学校の授業の進度や試験範囲をいち早く調査し、講師全員で共有、その上で出題傾向に合わせたプリントを用意し早めに対策を行います。

個別指導なので、試験などの日程に合わせた振替や補講も可能なので、より効果的な指導も行えます。
徹底的な試験対策と、試験後の結果分析、カリキュラムの修正によって次の目標設定をする事で、定期試験対策に効果を上げています。

 

6月 3
「ランキングを参考にする」
Posted by 個別ママ in 個別指導のイロイロ on 06 3rd, 2014| | コメントは受け付けていません。

 
最近個別指導の塾が増えています。
前回は東京個別指導学院をご紹介しましたが、
東京個別指導学院は個別指導の学習塾の中で2014年のランキングが1位となっています。

今回は、このランキングを見て、どういう内容がみんなに人気があるのか、
個別指導の塾をどういうポイントで選んでいるのか調べてみる事にしました。

 

「塾ナビ」のランキングで個別指導の塾を調べると、
1位が東京個別指導学院、2位個別教室のトライ、3位明光義塾、4位個別指導塾トライプラス、5位城南コベッツとなっています。
選ぶ基準は講師、カリキュラムや指導内容、交通の便や立地・治安など教室外の環境、自習室の有無や教室の雰囲気など教室内の環境、料金、塾の雰囲気の6点についてとなっています。

塾の雰囲気は自由か厳しいかという選択で、あとは満点が5点の中で判定してあります。

講師の質もですが、口コミを見ていると自分の希望の先生が選びやすいと言う事もポイントになっているようです。
また、固定の先生かどうか、わかりやすい指導かどうかと言うだけではなく、
質問しやすい先生かどうかと言う事もポイントです。

講師が変わる場合がある塾は特に講師のレベルの差がどうなのかと言う事に注意する必要があると感じました。

これは全国のランキングなのでどうしても大きいところばかりとなっていますが、
個別指導には家庭教師もありますし地域密着型の小さな塾も数多くあります。

このランキングは選ぶ時のポイントとして参考にすると言う意味で見てみると良いでしょう。

5月 22
「通信講座で個別指導」
Posted by 個別ママ in 個別指導のイロイロ on 05 22nd, 2014| | コメントは受け付けていません。

今回は通信講座での個別指導について調べてみました。

通信講座と言えば「独学」のイメージが強いのですが、
お母さんが個別指導する通信講座があります。

これは、子どもが小さい頃、乳児、幼児に対する教材ですが、
実際に幼児教室に通っても個別指導の場合が多く、
グループでの指導を行っていたとしても子ども自身に指導をしているわけではないのです。
こういった幼児教室の多くは、子どもとお母さんが一緒に通い、
講師はお母さんに対して指導を行うのです。

そして、自宅においてお母さんが子どもに個別指導を行うのです。

教室においても講師は子どもに直接指導する事は少なく、
母親を介しての指導になります。

自宅で個別指導が可能なのは母親だからこそなのです。
安心感がある事で、教育効果も高いのです。

こういった方法を使って、四谷学院では「療養55段階プログラム」というものを実践しています。
「療養55段階プログラム」は自閉症、発達障害の子ども達のための家庭でできる通信教育講座です。
実際に子どもを指導するのは保護者ですが、
それに対して専門家がアドバイスするというシステムです。

通信教育と言うのは子どもにとっては難しいものですが、
保護者がそれを行うのなら理解でき効果の上がるものです。

この通信教育講座は学校法人武蔵野東学園の協力によるプログラムで、
段階ごとに細かく分かれたカリキュラムとなっています。

12か月のコースでA・B・C段階は月々10200円(20回払い)となっています。

4月 18
「東京個別指導学院」
Posted by 個別ママ in 個別指導~塾~ on 04 18th, 2014| | コメントは受け付けていません。

今回ご紹介する個別指導塾は、ベネッセグループが運営する「東京個別指導学院」です。

子どもを塾に通わせる場合、様々な理由があるのですが、 その中でも個別指導を選ぶという時は、個別指導でなくてはならない、 あえて個別指導にしたい理由があるからです。

そこで、東京個別指導学院では、どんな指導を対象としているのかをみてみる事にしました。

目的別学習というものがいくつかあり、小学生の場合なら、「中学受験対策」「習い事との両立」「苦手科目の克服」「勉強学習の習慣化」「がんばっているのに上がらない勉強方法」の改善などがあります。

もちろん、個々に状況は違い、それぞれに合わせた指導が行える事が個別指導のメリットですが、ここにあげた目的の指導を希望する人が多いと言う事です。

さて、これらを目的とした指導の「東京個別指導学院」の特徴を調べてみましょう。

まず、一つ目は、誰一人例外なく「わかる」、「できる」という指導方針です。

東京個別指導学院には、長年こだわっているオリジナルの指導方法があります。 「やればできる」という気持ちを生徒が持てるよう、まずは小さな成功体験を大切にし、 そしてそれをしっかりと褒めて、一人一人が目の前の問題や困難を自分の力で乗り越えて行けるように指導します。

そのために、講師は常に側にいる形をとり、必要な時に必要なサポートを行っています。

1対1あるいは1対2の個別指導で、この指導を確実なものにすること、 そして宿題については、なぜこの宿題をやる目的を理解させ、1人でできる内容と量である事に気を配る、1日ごとの「宿題スケジュール」を決め、目標時間も設定する事により効果をあげています。

 

 

3月 17
「個別指導専門学習塾 ヒーローズ」
Posted by 個別ママ in 個別指導~家庭指導~ on 03 17th, 2014| | コメントは受け付けていません。

最近塾の中でも個別指導塾が人気です。

最近の子どもは忙しいので、時間が自由になるというような事ももちろん理由の一つでしょうが、 カリキュラムや指導を一人ひとり合わせてくれるという事が人気のポイントになっています。

今回ご紹介する個別指導塾は「個別指導専門学習塾ヒーローズHERO’S」です。

私がこの学習塾に注目したのは「家庭学習」のサポートに力を入れているからです。

個別指導は良い指導方法だとは思いますが、結局家庭学習が上手く行かなければ何にもなりません。 そして、家庭環境や本人の性格、状況に合わせた家庭学習の方法を指導できるのが本当の個別指導だと思うからです。

ヒーローズは個別指導した学習内容の定着のために、 「3段階定着方式」と言う方法をとっています。

「学ぶ」→「解く」→「繰り返す」と言う事を繰り返して行く方法です。

ただ繰り返すだけでは「わかってない」「間違っている」ままで繰り返してしまうという事が起こってしまいます。

ヒーローズは、この繰り返しを「わかる」→「できる」→「繰り返す」になるよう個別指導を行っています。

「わかる」や「できる」というためには個別指導が大変有効で、 「わかってない」「できていない」に気づき、すぐにフォローができるのです。

「わかる」ためにヒーローズでは「アウトプット」にポイントをおいた学習を行います。

生徒が受け身になってしまわないよう、講師が質問形式で指導し生徒の理解を引き出すという方法です。

「なぜ?」「ああ、そうだったのか!」という授業を行う事により、 アウトプットの形で理解した事を表現できるようにし、完全にわかるまで導きます。

これが、「できる」と言う事です。

 

2月 24
「トライの個別指導の方法とは」
Posted by 個別ママ in 個別指導のイロイロ on 02 24th, 2014| | コメントは受け付けていません。

前回に引き続き、家庭教師と個別指導塾両方の形で個別指導を展開している「トライ」の指導法についてお話ししたいと思います。 前回、「ダイアログ学習法」、「性格別学習法」についてお話ししましたが、 今回は、具体的にどのような指導をしているのか、 それが個別指導でどう生かされているのか考えてみたいと思います。

勉強の中で、記憶と言う事は大変重要な位置を占めていますが、 最も脳に効率よく記憶を定着させる事ができるのは学習して1時間以内の復習だそうです。

授業の中で、頭の中で思い出し学習をするという形は個別指導だからできる事でしょう。 また、指導当日の夜と翌日に復習の時間をとると、 記憶を深く定着できるそうです。

これについては、生徒が、指示を守っていればよいのですが、 指示を守らなければ、個別指導だからと言っても効果が薄れるのです。

次に、全ての学習に関わりを持つと言われる国語の力をつける指導に力を入れています。

最近の子どもは読書量の減少で、文字を読むスピードが落ちていると言います。 読書スピードと偏差値には深い関係があるそうで、 学力を上げるためにトライでは文字を速く読む「速読」の訓練を行っています。

速読の訓練により、国語だけでなく、全体の教科の学力が上がってくるそうです。

さて、様々な指導法が考えられ、取り組んでいるトライですが、 さっきの記憶のための復習指示においても同じなのですが、 本人がやる気にならなければ結局意味がないのです。

これは個別指導だろうが、集団指導だろうが同じ事です。

そのため、トライでは、子どもが集中できる環境ややる気のでる言葉がけにも力を注いでいるのです。

 

1月 21
「個別指導で有効な学習法」
Posted by 個別ママ in 個別指導~家庭指導~ on 01 21st, 2014| | コメントは受け付けていません。

個別指導と言えば、まずは家庭教師ですが、 今回は、家庭教師と個別指導塾両方を展開している「トライ」をご紹介します。 トライと言えば、やはり家庭教師で有名ですが、 個別指導専門という方が相応しいのではないでしょうか。

トライは家庭教師だけではなく、塾の形でも個別指導をしているのです。

 

このトライには、個別指導以外にも様々なトライ式と言える学習方法があります。 例えば「ダイアログ学習法」です。

これは、教師が教えた事を生徒が教師に教え返すという学習法です。 教えて終わりではなく、教えた事をきちんとそのまま受け取っているか、ズレがないか確認する事で、より理解を深めるのです。

「性格別学習法」では、心理学やカウンセリングの分野で活用されている「エニアグラム」と呼ばれる性格特性分類法によって生徒を9つのタイプに分け、 生徒の長所や短所、価値観などに合わせた指導を行っています。

エビングハウス博士の忘却曲線は有名です。

トライではこのエビングハウス博士の証明した脳のメカニズムを踏まえた反復の授業を実践していますが、 これも個別指導の利点を生かして、単なる復習ではなく1対1の対話のなかでエピソード記憶に働きかける事によってより確実になるそうです。

エビングハウスの法則以外にもトライで実施されている脳科学理論を応用した学習法があります。 「ロビンソンの法則」「リハーサル法」です。

これらによって、学習した事がより深く記憶として定着するのです。

 

12月 14
「個別指導プラス集団授業」
Posted by 個別ママ in 個別指導~塾~ on 12 14th, 2013| | コメントは受け付けていません。

12月に入りましたね。 いよいよ受験シーズン到来です。 毎年の事ながら、この時期は、体調管理が最も難しい時期です。

体力がなくなれば集中力が失われます。 入試本番で100%の力が出せるように、今からしっかりと体調管理をしておきましょう。

今年は、まだインフルエンザの声はあまりききませんが、 「咳」をともなう風邪が最近よく流行っています。

咳は大した風邪でないのに体力を失わせます。 ぜひ、「単なる風邪」と侮らず、規則正しい生活をし、 万全の体調で入試本番を迎えましょう。

さて、今回はここ何回かお話ししている、 河合塾の個別指導の具体的内容について調べてみました。

河合塾の個別指導は、集団授業と組み合わせる事で、 より効果的な学習につながるというお話をしたと思いますが、 どんな形で利用できるのでしょう。

例えば、算数は個別指導、それにプラス英語は「高3ハイレベル英語」集団授業という取り方をしている生徒がいます。

英語は得意で、よりレベルを上げたい、 数学は苦手なので、個別指導を利用したいといもので、 数学は、個別指導で、ミドルレベル数学のテキスト「TS数学」とプランナー講師によるセンター試験対策オリジナル教材を使用しています。

もちろん得意の英語をもっとという場合、さらに英語の個別指導を受講する事も可能です。

また、河合塾には、「プランナー個別指導」と「マンツーマン個別指導」がありますが、 これによって力をつけ、その後集団授業で、演習強化を行い、合格力を付けるという方法もあるのです。

 

11月 2
「河合塾の個別指導利用方法」
Posted by 個別ママ in 個別指導~塾~ on 11 2nd, 2013| | コメントは受け付けていません。

前回、河合塾の個別指導についてお話ししましたが、 河合塾で取り入れている個別指導のメリットはなんでしょうか。

個別指導の良さは、カリキュラム、指導方法がオーダーメイドであるため、 より効率的な授業を受ける事ができるのです。

入試対策にしても、河合塾オリジナルのテキストを自由に組み合わせて行えるので、志望校によってより重要な学習を行う事ができるのです。

河合塾でも一般的なコースであれば、 国公立のコース、私立のコースと分かれていますが、 どうしてもその分け方は大まかにならざるを得ません。

個別指導の場合は、志望大学が国公立であれば、センター試験対策から二次試験対策まで、 私立なら公募推薦の入試対策から一般試験の対策まで対応している事はもちろんですが、個別の大学に特化したカリキュラムになるのです。

例えば、一般的な予備校でも、東大受験コースはあっても、全ての大学に個別対応しているわけではありません。

しかし、二次試験に関しては、個々の大学のカラーが入試にで出る事は間違いないのです。

また、センター試験対策にしても、個別指導なら、 点を上げたい科目だけ特別に時間をとる事ももちろん可能なのです。

それぞれ個別の大学、個別の入試に的を絞れるという事が、 より合格に近づけるという事なのです。 しかも、河合塾の集団授業にプラスして受けるという人が多く、 費用的にも、効率的なものとなっています。

活用例を見てみると、プランナー講師による試験対策オリジナル教材を使った数学の個別指導+集団授業の英語など、 テキストに関してもオリジナルのものが用意されるようです。

 

 

10月 13
「河合塾プランナー個別指導」
Posted by 個別ママ in 個別指導~塾~ on 10 13th, 2013| | コメントは受け付けていません。

今回は河合塾の個別指導について調べてみました。 河合塾と言えば、大学受験の大手予備校のイメージが強かったのですが、 様々な個別指導も展開しているようです。

大きく分けて、「プランナー講師対応個別指導」と、 「マンツーマン個別指導」の2種類の個別指導があります。

今回は、「プランナー講師対応個別指導」について調べてみました。

「プランナー個別指導」というのは、河合塾のプランナー講師が生徒一人ひとりの学習計画を細かく立てるという個別指導の方法です。

プランナー講師が、一人ひとりに合わせてプランニングした計画に基づいて、指導員1人が生徒2~3人を担当するという仕組みになっています。 基本的に指導を行うのはこの指導員で、 個別指導というのは、指導プランニングが個別という事でしょう。

 

プランナー講師というのは、一人ひとりの進度、性格など様々な学習状況に基づき、より効果的な指導方針をプランニングするプロの講師の事です。 プランナー講師は、教室に常駐し、必要があれば指導にも関わるなど柔軟な対応をしてくれます。

もちろん学習指導だけでなく、進路や受験に関する相談や、資料の提供などのフォローもあります。

この資料も河合塾と言えば、全統模試などの膨大な資料・データを持っていますので、頼りになるのではないでしょうか。

また、「プランナー個別指導」の指導員は、大学生・大学院生となっていますが、厳しい選考基準をクリアし、指導時間中も大学入試を熟知したプランナー講師が指導状況をチェックする体制を担っているので安心です。

 

 

« Previous Entries